管理人が気になるもの・使ってみた感想などをまとめたり、口コミ・評判をまとめたりしています。

管理人がピックアップ!インターネットでしか買えない情報商材まとめ

生活 自己啓発 コミュニケーション・恋愛 コミュニケーション・会話術

職場・学校・家庭…。自分らしく居られる居場所がちゃんとありますか?人間関係が上手くいく攻略本とは?

投稿日:

スポンサード リンク



人間関係。

人生において、ほとんどの人が悩むものだと思います。

無駄な争いごとを増やさないようにと、「偽りの自分」を演じてしまうことが多いですよね。

本当は「なんだこいつ…言ってることが意味わからない」と心の中で思っていても、下手に衝突しないようにと、ニコニコしていたり…

色んな人に気に入られようと「良い自分」を演じていませんか?

それが「本当の自分」とかけ離れすぎて、苦しくないですか?

出来れば、ありのままの自分をさらけ出して、その上で、周りの人たちと良い関係でいたいですよね?

恋人が出来ても、偽ったまま付き合って、我慢ばかり…というのも嫌ですよね?

好きな人とは、相手を理解し、自分を理解してもらって、長く付き合っていきたいですよね?

そんな人間関係の悩み、解決しちゃいましょう!

Next Communication Secret~■■悪用厳禁の人間心理の秘密~新しい人間関係を引き寄せる方法~

著者:河本真

 

●ストレス社会の原因は

ずばり、一番大きいのは人間関係

現代人の約9割のストレスやうつ病の本質的な原因は、人間関係が原因と言われています。

人間関係が良好じゃないと、自分自身が否定された気分になって、自分の存在価値が分からなくなったり、自分を無意識なレベルで傷つけることになることも。

経験あるかと思いますが、そのストレスのせいで胃腸の調子が悪くなったり、ストレスによる肌荒れ、睡眠不足になったりします。

人間関係・ストレスに関する本って、世の中にたくさんあると思います。

それでも、これだけ多くの人が人間関係に悩むのか。

「読んだところで解決なんかしない」と諦めている人も居るかと思いますが、そういった本に書かれていない、3つの理由があります。

 

●人間関係が上手くいかない理由

①社会や学校教育からの刷り込み

先ほども書きましたが、多くの人が、他人に気に入られようと「いい自分」を演じます。

いい自分を演じすぎて、自分を押し殺し、必死で周りに好かれようとします。

小さい頃から学校などで「常に人に優しくしましょう」など言われていますが、そりゃ常に優しく出来れば苦労なんかしないし、どんな人でもストレスは感じます。

そもそも、そんな常に優しく出来るわけない。ロボットじゃないんだし。

だからといって、常に悪い感情を持ち合わせているわけではない。トラウマや、弱み、汚い部分もある。

我々人間は、常に変化している生身の人間。

そもそもですが、「ポジティブが大事」とか「人に迷惑をかけないように生きましょう」とか「常に笑顔で居れば幸せになれる」など、よく言われていますが、根拠はあるのか?

たしかに、不愛想にしてるより、よっぽどいいですけどね?見た目的に。

こういったことって、あるいみ洗脳ですよね。

こういった「人にいいように振る舞おう」とすることで、知らず知らずに、いい自分を演じてしまっていて、人間関係でのストレスを引き寄せてしまっていたということです。

 

②インターネットやスマートフォンの普及

いまや、切っても切り離せないほどに加速的に普及してきているインターネット。

これは、パソコンの普及もありますが、一番大きいのはスマートフォンの普及です。

いまや小学生ですら、持っていたりしますもんね…。ほんと驚き。

とても便利になっていますが、実はこれらは見えないところで我々に副作用をもたらしています。

なぜか。

それは、メールやLINE、Twitter等のSNSなどのコミュニケーションサービスが普及してきたこと。

「え?コミュニケーションが増えていいことなんじゃないの?」と思われがちですが…。よくよく考えてみてください。

外に出かけるじゃないですか。カフェやレストランで周りを見ると、ほとんどの人が目の前に人が居るのにスマホをいじっていませんか?

これです。

何処にいても、誰とでもスマートフォンによってやりとろが出来るので、直接会って話すことに価値をあまり感じていなくなってきているのです。

必ずしも全員が とは言いませんよ?もちろん!

けど、よくよく考えると、スマホで動画も観れちゃう!ネットサーフィンもできちゃう!漫画なんかも読めちゃいますよね。

さらにLINEやインスタ、Twitterもある。

若い人なんか特にですが、一日中スマホを見ていても飽きない。

これは言い換えると「人を依存させる」ものが増えてきて、昔のように「目の前の相手」に興味を持つことが少なくなってきているということなんですかねぇ…。

友達はたくさん居るけれど、深い部分でつながっている友達は…?いますか?

これが、副作用なのかなと思います。薄っぺらすぎる人間関係…。

 

③義務教育における心理学の欠如

どういうこっちゃ、ということですが

これは「どういう時に人は怒り、苦しみ喜び、どうすると人は動き、自分の事を好きになるのか?」といったようなことが、義務教育の過程で教わることが無いためと言われています。

意外ですが、スポーツのルールは分かるのに、死ぬまで自分に関係する「心理」というルールは知らない…。よくよく考えると、かなり怖くないですか?

いや、だからって今から「学ぼう!」ってなる人は少ないと思いますが…。

けど、ちょこっと心理学を学ぶことで、色んな問題を未然に防げるなら、ちょっと興味沸きますよね。

先ほども言いましたが、自分を押し殺して我慢して人と付き合っていたり、目の前の人間にすら興味を持てなくさせるメディアの発達、最も大事な心理学を教えてくれない教育…

これらが存在し続ける限り、現代社会において、人間関係でストレスを感じてしまうのは当然のことなのです。

 

色んな原因を考えてきましたが、やっぱ人間関係の悩みは無くせたら楽だなとは思いました。

もっともっと詳しいことは、以下のリンクからどうぞ。

Next Communication Secret~■■悪用厳禁の人間心理の秘密~新しい人間関係を引き寄せる方法~

 

辛いもんは、辛いです。

やらないで後悔するより、やって後悔するほうが、可能性ありますよね。

 

 

 

 

 

336




336




-生活, 自己啓発, コミュニケーション・恋愛, コミュニケーション・会話術

Copyright© 管理人がピックアップ!インターネットでしか買えない情報商材まとめ , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.