管理人が気になるもの・使ってみた感想などをまとめたり、口コミ・評判をまとめたりしています。

管理人がピックアップ!インターネットでしか買えない書籍まとめ

エンターテイメント 趣味・音楽

ウクレレの神と呼ばれた津村泰彦が教える。自宅で練習してわずか1ヵ月でマスター出来る

投稿日:

スポンサード リンク



趣味で楽器を始めたいっ!

ウクレレに興味がある!

だけど「楽譜」が読めない…と、諦めていませんか?

ウクレレを既にやり始めたけど、楽譜を読んだことが無いし、読める自信がない…と、諦めちゃうんですか??

YouTubeやニコニコ動画にも多数動画をアップしたりCDを出しているウクレレ奏者「津村泰彦」さん「ラダー譜」という独自のメソッドを駆使し、あなたがウクレレを弾ける
ようにサポート。

ラダー譜というのは、「そこに書いてある通りに指を動かせば弾ける」ように、指の順番を図にして左指の運びをイメージしやすいように考えられた楽譜です。

これなら、従来の楽譜が読めなくても問題ないです。

もう少し、かみ砕いていきましょう。

 

●ウクレレが上達する人としない人の違いは??

どんなことでも同じかと思いますが、ウクレレ教室に入ったのはイイものの、ウクレレが上達しない人も居ます。

原因としては2つ。

まず、教室が近くにない場合

と、言うのも、「この日に教室に行こう!」と考えて予定を入れたものの、想定外の用事や急に忙しくなって行けなくなってしまうこがあると思います。

すると、教室が近くに無い場合は、だんだん足が遠のいて…ドタキャンをした感覚になり、次第に行きづらくなっていつの間にか教室には通わなくなってしまうためです。

これと似たような現象は、スポーツジムでありがちですよね。よく耳にします。

やはり、ウクレレを触って弾いてみない限り上達しませんからね。

気づいたら、最初にあった「上達したい!」という情熱は何処へ…。教室に通わなくなりウクレレを諦めてしまう。とても勿体ないです。

2つ目は、他人に遠慮してしまう場合。

個人レッスンの教室ならいいですが、なかなか無い気がしますし、ちょっとお高い。

グループレッスンでは、数人で一緒に進めていくため、分からない部分があっても、流れを止めて「今の部分、もう一回お願いします!」というのがやりづらいという難点があります。

やり直しをお願いしたところで、先生や周りの人たちが気にしないだろうと頭で理解していても、実際はどうしても気を遣ってしまい「止めるのは何だか悪いしなぁ…」となってしまいがち。

こうすると、分からないところを放置して進んでしまう事になりますので、あやふやでついていけなくなって、独りぼっちに。

すると?分からないことが増えて、だんだんとウクレレに触れること自体が億劫になって、せっかくのウクレレ上達チャンスが台無しになってしまうのです。

割と通いやすい所に信頼できる先生が居る教室があったり、流れを止めて質問することに抵抗が無い場合、やはり教室に入って教わるのが上達の近道ではあると思いますし、教室通いが悪いとか、そういったことではありません。

教室に通わずとも、上達が早い人たちというのが居ます。

上達が早い人たちには、実は共通点が。

それは「自宅で自分に合った教材を使って練習をしている」!これです。

楽器というのは、頭で考えるだけではなく、体が自然に動くようになるまで弾いてみて、その感覚を体に染み込ませる。そうすることで自然に弾けるようになりますよね。

教室に通っていても、一週間に一度、数時間触れてレッスンを受けても非効率…ということ。

頻繁に通えるのであれば、積極的に利用するべきです。

 

●自宅で練習する場合の正しい方法は??

上手な人は、自宅で練習しています。

空いた時間に少しでも触る・弾く。数分でも。

しかし、一人で練習すると、間違ったクセを付けてしまう可能性があります…。

間違ったクセをつけないためには、お手本があって、それをその場で真似すること!

つまり、DVDです。DVDであれば、手の動きを動画で見ることができて、しかも分からないところは何度でも巻き戻したり、指の動きが速すぎて分からない場合は一時停止やスローといったことを駆使し、自分のペースで見ながら進められるからです。

ただの動画だからと甘くみることなかれ。

僕は学生の頃、友人たちと独学でダンスをやっていたんですが、先生なんか居ませんので、インターネットで見つけた動画を見ながら、見よう見真似でやるわけです。

当然、最初は何がどうなってるか分からないんですが、動画だし時間制限もないし、追加料金を払っているわけでもないので、納得いくまで、出来るようになるまで無限に繰り返して確認できるわけです。

けど、市販のDVDだと楽譜が…。

で、先ほど冒頭で言った「ラダー譜」が出てくるわけです!

繰り返すと、ラダー譜というのは「そこに書いてある通りに指を動かせば弾ける」ように指の順番を図にして左手の運びをイメージしやすいように作られています。

勘のいい方だと、もしかしたら簡単な曲なら一日で弾けるようになるかもしれませんね。

津村泰彦のウクレレ講座!自宅で一からウクレレをマスターできる!

DVD3枚組で解説マニュアル付き 16,800円。

特典も7個付いており、いつでも見られる動画が3個あります。

これはスマートフォンなどに入れておけば、通勤など空いた時間で見ることができます。空き時間も有効活用。

336




336




-エンターテイメント, 趣味・音楽

Copyright© 管理人がピックアップ!インターネットでしか買えない書籍まとめ , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.