管理人が気になるもの・使ってみた感想などをまとめたり、口コミ・評判をまとめたりしています。

管理人がピックアップ!インターネットでしか買えない書籍まとめ

ビジネス・稼ぐ アフィリエイト ネットビジネス インターネット・アクセスマップ SEO・リスティング ホームページ・ブログ ライティング ツール・その他

共起語SEOでアクセスアップ?共起語文章作成ソフト「Cワード」

投稿日:

スポンサード リンク



共起語とは、あるキーワードが含まれた文章コンテンツの中に、そのキーワードと一緒に頻繁に出てくる単語の事。

例えば「カメラ」というキーワードがメインキーワードだとします。

それと同じ文章の中にたくさん出てきそうな単語は

「レンズ」 「初心者」 「値段」 「撮り方」などが挙げられます。こういった、同じ文章の中に出てくる可能性の高い単語のことを「共起語」といいます。

その共起語を使って、SEO対策が出来るのかどうか?というところですが、実は出来ちゃうんです。

その共起語を、ふんだんに含んだ記事、サイトを作成しちゃえばいいんです!

どうするか?

無料で共起語を調べるツールがあって、それで調べて手動で打ち込んでいくのが一般的ですが…やはり手動なので、めちゃめちゃ時間がかかります。

世の中にはとても便利なモノがあって、自動で共起語を調べて自動で書きだしちゃうツールが存在します。

Cワード通常版120記事【top】

上位サイトを参考に、共起語やキーワード比率を自由に調節した文章を吐き出してくれます。

あなたが行う作業は3つのステップのみ。

・上位サイトのキーワード構造をキーワードチェックサイトで調べる

・それをソフトにコピペ

・生成ボタンを押す

これだけです。

ただ、ほんとうに共起語を羅列するだけなので、文章としての繋がりはオカシイことになってます。

いいとこ4~5割くらい繋がってたら、マシだなってかんじです。

「そんなんで検索エンジンに表示されるの??」

と感じる人もいると思います。

文章が多少おかしくても、普通にインデックスされます。

むしろ、薄っぺらい内容の記事より上位表示される可能性があります。

実際に生成された文章を確認する

なんでこういった文章でも上位表示されるかというと

Google的には、あなたが書いた記事だろうが、外注の薄い記事だろうが、ソフトで生成した記事だろうが…

そこまで判断していないんです。

バックリンクだったり、キーワード比率、滞在時間など、いくつかの情報を参考にしているんだと思います。

だから、ちょっとくらい日本語がおかしくても、マイナス評価になるか?と言われたら、そんなことはないかなと思います。

当然ですが、明らかに日本語としておかしいものはダメかもですが。

上位表示されているサイトを参考に共起語を集めて記事として吐き出す。

これで上位表示される可能性は大いにありますが、確実に?と言われると、そういうわけではありません。

あなたの時間や金銭的コストをカットできる、そんなツールです。

Cワード通常版120記事【top】

336




336




-ビジネス・稼ぐ, アフィリエイト, ネットビジネス, インターネット・アクセスマップ, SEO・リスティング, ホームページ・ブログ, ライティング, ツール・その他

Copyright© 管理人がピックアップ!インターネットでしか買えない書籍まとめ , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.